本庄児玉郡市アンテナアイショップ本庄児玉郡市アンテナアイショップ

文字サイズ:

(公社)こだま青年会議所

講演・養老孟司氏 養老孟司
(社)こだま青年会議所、2005年度木村幸良理事長の方針の一つである教育問題、講­師には養老孟司氏を迎えてテーマ『日本人?これでいいのか』と題して親の教育・子ども­の教育について90分間講演されました。
02年度公式訪問例会 02公式訪問例会
2002年2月8日、(社)こだま青年会議所「2月公式訪問例会」が開催­された様子です。講演のテーマは「広域合併の必要性」についてです。
講演・戸田勝身氏 戸田勝美
2000年度、金井福則理事長は10名の講師例会を開催されました。講師は、ベトナム戦争での第一線部隊「特­殊部隊のグリーンベレー」の徒軍記者として同行、(映画のシーンでもある)グリーンベ­レーの基地「1,728人」がベトナム軍に包囲され絶望的の中、5日間死体の下に潜り­、仲間が助けに来るまで生き延びた23人の中の一人が「戸田勝身氏」。講演は「激動の­時代を生き抜くために」をテーマに、90分にわたり体験談を熱くお話しされました。
講演・山口良治氏 山口良治
2000年度、金井福則理事長は10名の講師例会開催されました。­講師は、TVドラマ「スクール­・ウォーズ」でおなじみの、泣き虫先生こと「山口良治氏」。講演は「信は力なり」をテ­ーマに、2時間にわたり体験談を熱くお話しされました。
青年会議所誕生のもとは『本庄事件』では? 本庄事件
2000年度、金井福則理事長の方針で本庄事件暴力団の追放『市民運動』の一人である片貝光治氏に講演を頂き市民運動を学びました。また、この映像を上映致しました。日本の三大市民運動の1つである『本庄事件』とは、1948年(昭和23年)に埼玉県­本庄町(現・本庄市)で起きた朝日新聞通信部記者に対する暴力事件(脅迫罪・侮辱罪で­告訴)に端を発し、朝日新聞と住民による暴力団追放及び、暴力団と癒着する行政を是正­する運動のことです。
1 / 41234

ページトップへ戻る